FC2ブログ

お元気ですか?合田道人です

ベスト・セラー『童謡の謎』『神社の謎』シリーズの作家で歌手の合田道人の思ってること、日常の出来事、いろんな情報をお届けするブログです!

僕も紅白は21時~派です!

  紅白を長くする…短くする・・・発言。僕はずっと言っているように、9時に戻すべきだと思っている人です。まあ今回のポニョちゃんは生放送で出てはいけなくなりますが・・・。ぐっと絞り込んだ2008を代表する「紅白」メンバーにしてみたら? 9時スタートとなれば各16~7組づつと言ったところでしょうか? ヒット曲と「紅白」で見たい歌手のメンバーだと・・・どうなりますやら? 
 今年のメンバーを基本にすると、各10組ずつが落ちることになりますね。

 もっと長く・・・という意見は、若い証拠かも? 紅白が2部制になってもう20年ですものね。僕なんかは2部制になったから「紅白」は国民的行事の座を明け渡したのではと考えている口ですが、「もっと長いほうが・・・」は時代の流れなのかもしれない。そしてそれもまた当たりのような気がする。

20070319171849.gif
↑このオレンジマークを押して下さい  

スポンサーサイト



11 Comments

斉藤今朝雄 says..."感想さまざま"
歌は一人ひとり好みが異ますからの難しいです。
以前カラオケ大会である審査委員長が、命がけで任務を努めたそうです。

ましてや、プロの中からの選出は難しい点は理解できる。

だが、もう少しなんとかなりそうなものだ。

2008.11.26 14:54 | URL | #- [edit]
isi says..."演歌歌手がいいのではない・・・感想"
9時台からの紅白では、えっ? 何うたうの? というベテランは三波春夫、村田英雄、菅原洋一、フランク永井、島倉千代子、水前寺清子、青江三奈、佐良直美と8人いた!しかしあとは演歌もヒットチャートに入っていた。テレビの歌番組でも、普通のアイドル達と一緒に八代亜紀も五木ひろしも森昌子も出ていた。今、こういったアイドル番組やバラエティーでも耐えられる演歌歌手は、氷川きよしとジェロ、天童よしみだけ。あえて言えば小林幸子と美川憲一、サブちゃん、アッコいうとこか。でも小林以下はヒット曲がなさすぎだけど。ヒットのない当時の8人と言うのが、今でいえばこの4人でよくて、それにプラスして石川さゆり、坂本冬美。ヒットという点ではほかに秋元と水森が入る程度でいいのではないか? 昭和から紅白を見ているがさだまさしは合田さんファンのようだが、よく持った方では? 布施さん、前川さんももういらないでしょう。合田さんが話しているアサヒ芸能にもあったとおり、美川さんも美輪さんに変わってもいいかもしれませんね。感想でした。 
2008.11.26 13:32 | URL | #6DhLHxds [edit]
千葉 says...""
こんにちわ、大御所でも中堅でも、ヒット曲が数本あって、
カラオケで若い方も歌い継がれている歌手の方の連続出場
は良いと思うんです。がぁ、数年ヒットも無く過去の曲も忘れられて
カラオケでも歌われる機会が激減している歌い手の依頼は疑問
そーしないと入れ替えが上手く出来ない状況下に陥ってしまう。
まぁ今回の発表メンバーは、赤点じゃないでしょう。(私見)
過去にヒット曲がある方は、話題作りして、活躍できる露質度UP
すれば復帰に繋がるのでは...
堺さんは頑張っていたのにね残念
岩崎宏美さんも活躍が目立っていた。思秋期は森山直さんがカバー
している。
伊藤咲子さんの、ひまわり娘合唱バージョン全国区を期待しますよ
合田事務所がんばれー
2008.11.26 12:49 | URL | #0IUyRk5A [edit]
東 泰則 says..."紅白歌合戦21時スタートが多数派ですね…"
確かに、衣装と言うよりも、派手な舞台装置と言った方が良い演出…

その準備にトークで時間を繋いでダラダラ放送するよりは、本当に歌で真剣勝負の紅白歌合戦に戻して欲しいですね…
ヒット曲も無いのに毎年出場している方々もいますが…
人選に疑問を感じます…

視聴率云々よりも、原点に戻って、歌で勝負する紅白歌合戦ならば、21時スタートに戻しても良いのかなぁ…
2008.11.26 07:22 | URL | #- [edit]
めんこ情熱日本一 says..."NHK感"
NHKで日本男児伝統のあそび「めんこ」の収録があった。
その際、場所柄に合わせ、故高橋圭三アナのめんこを持参した。

若いNHK職員また関係会社の方々は、あの圭三氏を知っていなかった。愕然とした。時代の流れとはいえ残念な実態である。
学歴、試験成績による採用の結果なのか、それにしても社内教育で、教えて欲しい事柄であります。

また、そのような方々が紅白人選に関わっていると思えば、今回の団塊世代無視の人選は納得できる事でもある。
2008.11.26 04:02 | URL | #- [edit]
B席 says..."プラス三が日"
9時からでもいい。三が日というと、ドラマもあるが、お笑い番組が多い。私ににはつまらない。

先日の歌謡祭の如く4回やって欲しいくらいです。(31、1、2、3日となります。)極論ですが!

私も一番、歌に魅力を感じる歌手は、様々いますがやはり島津亜矢かと思う。

彼女は紅白歌合戦と云うタイトルに、最適な歌い手さんに感ずる。今年も不公平過ぎる人選の前に涙を飲んだ。

常連歌手はなぜ惨めな姿を露呈するだろうか、

こんなことを書くと、抹殺されるかも知れないが、事実でもあり、これまでの正義感ある斉藤さんのコメントに対し、敬意をはらうものであり、私も書かせて頂きました。
2008.11.26 03:24 | URL | #- [edit]
Gemini... says..."習慣として"
もう二部構成になってから、20年以上になりますが、体には、レコード大賞が終わった後に紅白歌合戦って言うのが染み着いています。
例えて言えば、笑点の司会は円楽師匠が期間は長いけれども、笑点の司会と言えば三波伸介さんのイメージが未だに強い、そんな感じでしょうか。
いずれにしても、紅白歌合戦と言うのは、日本人が“水戸黄門”や“遠山の金さん”が好きなのと感覚的に同じような気がします。
ですから、21:00からでもOKだと感じますし、数年前にやった紅白歌合戦歌唱楽曲を尊重しないスキウタみたいなのをやらずに堂々とドンと構えた方が良いと考えます。

ちなみに、私が個人的に紅白に選ばれて欲しかったのは
島津亜矢さん、門倉有希さん『カトレア』、あさみちゆきさん『あさがお』、浜圭介さん『誘蛾灯』、ゴスペラーズ『ローレライ』
と言ったところです。
それから、先週、私の地方のSTVと言うラジオの昼の番組で特集され、流れてましたが、チータさんの新曲もいい曲だなぁと思います。
それにしても、一昔前は、オユンナさんが最年少と言われてましたが、今はそれ以上に若い人がたくさんですね。
2008.11.26 01:36 | URL | #dCi033Ww [edit]
斉藤今朝雄 says..."紅白見たいが、このメンバーじゃ"
見たいが見たくない!新宿コマの歌謡祭のような燃えるものがない。

税金の無駄がさけばれるが、受信料の無駄使いだ。いまNHK会長誰だ。

第2の宅配名乗る小泉が出る!
2008.11.25 23:43 | URL | #- [edit]
斉藤 says..."新年を前に家族仲良く"
せっかくの年一度のいい時間帯だから、もう少し選ぶ方の誠意が欲しいに尽きる。
前の書き込み全てコメント同感致します。

ヒットもないのに出る歌手は、是非とも辞退して欲しい。

今からでも遅くない。また、新年を迎えるというのに、マンネリした歌を聞くのも辛い、名前上げるのもいやだが、秋とかさん、何年やるの、お墓を!

和田さん出るな!あなたの無常識さはとても耐えられません。あえて言います。
2008.11.25 23:29 | URL | #- [edit]
たか says...""
第50回紅白の三波春夫のようにそろそろ水前寺清子さんが20数年ぶりにカムバックを期待してたのですが来年期待します。事務所の力とか枠とかあると思いますが北山たけしが出れてなんでこの人がいないの?という人選は各々あるはず。毎年演歌歌手は違う顔ぶれを出すべきだと思う。高齢化社会になりつつあるのに年々演歌枠が減りどうにかしてますね
2008.11.25 21:42 | URL | #Tzwnz1rc [edit]
isi says..."僕は賛成◎"
そうなれば秋元順子も落ちちゃうかな? 和田アキ子が落ちるのは至極当然と言う気がする。演歌の中村、伍代、藤あたりも、もう不要ではないのか?と思う。白は布施明、前川清、美川憲一のヒット曲がない3人も落選すると思う。和田を含め4人とも、昭和の紅白時代で一回お払い箱されてから復活したつわものばかりである・・・。布施は今年の紅組の司会者と同じ事務所だから出てるだけだし・・・いまさらもう「マイ・ウェイ」も聞きあきたね~。
平井堅はいてもいい気がするけれど、木山、キマグレンのどっちかが落ちるんじゃないのかな? スピードも別にカムバックさせるほどでもないだろうしね。僕は21時スタートに賛成◎
2008.11.25 20:25 | URL | #6DhLHxds [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://douyounazonazo.blog91.fc2.com/tb.php/728-b193ea97
該当の記事は見つかりませんでした。