お元気ですか?合田道人です

ベスト・セラー『童謡の謎』『神社の謎』シリーズの作家で歌手の合田道人の思ってること、日常の出来事、いろんな情報をお届けするブログです!

ひばりが瞳孔が開いてしまったバス事故の現場

 赤い靴はいてた女の子が亡くなった場所に建つ神社の狛犬は、「船頭可愛や」の音丸姐さんから送られたものという話は昨日した。
 音丸さんは日本髪をゆっていたし、「天龍下れば」で当時一世を風靡していた市丸さんに似た名前だったので芸者歌手と思われがちだが、実は違う。彼女は下駄屋のおかみさんだった。

 彼女の戦後の巡業先、四国を回っていたときの話をひとつ。
 音丸一行はバス移動していた。そのときの前座歌手に、9歳の女の子、美空和枝が乗っていた。
 そう、後の美空ひばりである。

 昭和22年9月、本山村を出発したバスは、現大豊町の大杉駅に向かっていた。左の谷底には、吉野川の支流穴内川が見える。少し先の坂を下り、橋を渡ったら駅。目的地までもうすぐだったとき、突然前方からトラックが・・・。 
  バスは避けることが出来ず、衝突、 そのはずみで、谷の方に横転してしまったのである。 谷底に転落しと思われたバスだったが、かろうじて途中の大きな桜の木に引っ掛かった。だが後ろの方に立っていた和枝は、大人の下敷きになり、またガラスの破片で左手首を大きく切り、気絶。 瞳孔も開き仮死状態になったのである。

 たまたま村に居合わせた医師に救命措置をしてもらい、その夜、なんとか意識を取り戻すことが出来た少女和枝は、全治したあとにその街にあった日本一の大杉に「日本一の歌手になれますように」と願をかけたのである。

 日本一の大杉として名高い「杉の大杉」は、太古の昔に須佐之男命(すさのおのみこと)が植えられたと伝わる樹齢3000年の巨木。 ほんとうに大きい!
 南大杉、北大杉と呼ばれる二株の大杉からなっており、二様が根元で合致。南大杉は根元の周囲が約20メートル、樹高が約60メートルで、北大杉は根元の周囲が約16.5メートル、樹高が約57メートルあります。写真には収まらないほど大きい。

 その杉は四国高知県の八坂神社の境内にある。昨年暮れに、近くを通り参拝しながら、その大木を見つめ、願をかけてきた。
DSC06529_20140222135747a21.jpg DSC06504.jpg 僕が立っているのがわかりますか?
DSC06491.jpg DSC06518.jpg ひばりさんがスターになってから訪れた時の写真 DSC07516.jpg  歌碑。歌も流れます


20070319171849.gif
 ↑ここをクリックして下さい。 

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://douyounazonazo.blog91.fc2.com/tb.php/4042-367173fc
該当の記事は見つかりませんでした。