お元気ですか?合田道人です

ベスト・セラー『童謡の謎』『神社の謎』シリーズの作家で歌手の合田道人の思ってること、日常の出来事、いろんな情報をお届けするブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤坂氷川神社の祭神、素盞嗚は昨日見た映画では目黒祐樹さんだった

 サントリーホールのすぐ前に、久國神社という神社があったので、周平といって来ました。もちろんご朱院もいただいてきましたよ。周平がご朱印帳はじめのきっかけを作ったのですからね! ここの御祭神は倉稲魂命(うがのみたまのみこと)。食物や養蚕の神で、商売繁盛殖産興業の守り神です。
 車のナビを見たら、すぐ近くに赤坂氷川神社が。行って見ましょう! 氷川さんは素盞嗚命(すさのお)、大國主(大己貴命=おおむなぢのみこと)、奇稲田(くしなだ)比咩が祭神。奇稲田は素盞嗚の娘で大國主の后です。あのヤマトノオロチから助けられたのが姫で助けたのが大國です。
 そう、素盞嗚と言えば昨日、「ヤマトタケル」の映画を映画チャンネルから録画しておいたのを見たよ。面白かった。
 タケルを高嶋政宏、ほかに沢口靖子がタケルの妻となる弟橘姫(おとたちばな)、阿部寛ちゃんは月讀(つきよみのみこと)なのだ。月讀がヤマタノオロチになるんだよこのSFは! それに宮本信子さんがタケルの叔母の倭姫(やまとひめ)もいい味出してた。倭姫は伊勢に天照(アマテラス)を元伊勢の奈良大和の笠縫邑、檜原から遷された姫。この間行って来た、檜原神社はすごかったなあ。神々しさがうごめいているパワースポットでした。
 そしてスサノオ役は目黒祐樹さん。天上を追放された「荒ぶる神」スサノオとの習合としてこれまた先日詣でた京都八坂さんの祇園社に祀られる牛頭天の仮面がやぶれると素盞嗚という、なかなかスペクタルな展開だった。
 古代神話の戦いの神、勝利の神がヤマトタケルとするなら、近代の戦勝の神は乃木希典。
 乃木大将を祀った乃木神社も赤坂氷川のすぐそば。1時間あまりで3社のご朱印を。帰ってきてから文章を書いて、このままだと今月いっぱいに書けないかも?のペースだけど・・・。頑張ってます!! でも今日は早めに寝ましょう。写真アップはまたあした。もう今日か・・・。今日はもう一度TDがあります。

20070319171849.gif
 ↑ここをクリックして下さい。  

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://douyounazonazo.blog91.fc2.com/tb.php/3421-981c4493
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。