お元気ですか?合田道人です

ベスト・セラー『童謡の謎』『神社の謎』シリーズの作家で歌手の合田道人の思ってること、日常の出来事、いろんな情報をお届けするブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後醍醐天皇の第一子後良親王の神社・・・鎌倉宮

 鎌倉宮を詣でました。このご祭神は後醍醐天皇の第一皇子、護良親王です。鎌倉幕府によって後醍醐天皇は隠岐島に島流しに遭い、護良皇子は延暦寺の天台座主になります。鎌倉倒幕のために働きましたが、今度は足利氏により幽閉され悲運の皇子です。
 維新によって王政復古が叶った際、明治天皇は親王の威徳を称え、ご終焉の地のここ鎌倉二階堂にご社殿を造営したのです。
DSC05983.jpg 白い鳥居の鎌倉宮
DSC05985.jpg DSC05994.jpg DSC05995.jpg 村上義光公は護良親王の忠臣でした。護良の身代わりとなり割腹したのです。身代わり尊は撫でることによって何から逃れられるといわれています。
DSC05998_20130202233412.jpg DSC05999_20130202233411.jpg 厄割り石を投げつけて粉々にします。うちの娘は今年が厄年。思いっきり・・・。DSC06000.jpg パパも盛も厄払い。家族、社員、それにこれを読んで下さったみなさんのために厄払い。厄は役に立つの役に変じるのです。DSC06002.jpg DSC06004.jpg 明治天皇がここを訪れた際に使われたお部屋はこの奥に。DSC06007.jpg どの写真もクリックすると大きくなります。


20070319171849.gif
 ↑ブログランキング今何位?クリックして下さい  

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://douyounazonazo.blog91.fc2.com/tb.php/3282-a1939866
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。