お元気ですか?合田道人です

ベスト・セラー『童謡の謎』『神社の謎』シリーズの作家で歌手の合田道人の思ってること、日常の出来事、いろんな情報をお届けするブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご朱印ブーム 僕の周囲も今年になってすでに3人目

 実は牡蠣を送ってくれたわがマネージャー、守諒は僕に感化されたわけでもないだろうが、たぶんよばれたのだろうが、娘の友(ゆうちゃん)より先にご朱印帖を買い求め、(今年になってからです)明治神宮からスタートしています。それで今回は岡山の吉備津神社と吉備津彦神社、桃太郎の神社です・・・に行って来たそうです。いいなあ。吉備津彦こそが桃太郎といわれています。だからこそ、♪お腰につけた吉備団子…なのですよ。
 さらにそのあと、帰り道で奈良に回り、石上神社と橿原神宮に行ってきたそうです。すごいところ押さえてるなあ! 先日の新年会でも今年になってご朱印帖(氏子である日枝神社)からスタートさせた友人もいたので今年はまだ15日のうちにすでに3人も、無理にすすめていないのにご朱印帖をスタートさせているんですねえ。今ご朱印帖がブームだというのは、どこかで聞いたことはあったんですがねえ!
201301160104000.jpg 僕も去年6月からスターとしてすでに2冊目になりました。
 その日枝からスタートした彼は来週、なんと九州の宗像さんと宇佐さんに行くというのです。それも仕事で出張なので、前日の空き時間に詣でるそうですが、こりゃすごいとこ行くなあ! って僕も去年行かせてもらいましたが。実は彼が僕に「宗像さんって行った事ある?」って教えてくれたんです。すると次の日に福岡の仕事が決まり、飛行機の関係で(当時乗れなかった)詣でることが出来たのです。さらにそのあとも行く機会に恵まれました。彼もこれで2回目になるんでしょうね。なんだか自分の力じゃないんですよね。これって。行こうとしていけるわけじゃないんではないかと思う。まして宗教家だとか神様絶対主義者だとかじゃないんです。僕も彼も・・・ホントは。宇佐さんも楽しみですね。出雲さん、そしてここ、そして新潟彌彦神社だけが二礼四拍手一礼なんですって。(ほかに天理教もそうなんですってね)。その3社は去年後半の半年ですべて仕事が重なり僕は詣でることが出来ました。もちろん、今までその場所近くには行ったことがないので、仕事と共にちゃんと色んなところに連れて行ってもらってるみたいな感じがするのです!! 不思議な謎の体験ということにしておきましょう!


20070319171849.gif
 ↑ここをポチッと一押ししてください

スポンサーサイト

-2 Comments

みゆ says..."私も始めました"
合田先生のブログは毎日楽しく拝見しております。昨年、先生が始められたことがブログに載ったあとから私も御朱印帖を買い求めて、出来るだけ多くの神社に通っています。気づいた時に手に持っていなくて困惑したことが何回かあったので、今では外出時には必ず持ち歩くようにしています。先生やマネージャーさん、今度、宇佐神宮にお参りするご友人のように全国を回ることはできませんが、いつかは私も出雲さんや宇佐さんに詣でるご縁をいただけるようになりたいです。先生のお嬢様がお買いになった野田の櫻木さんの御朱印可愛いですね。今度行ってみようと思います。また色んな神社さんのお話しをブログで待っています。ありがとうございました。
2013.01.17 00:54 | URL | #- [edit]
足立の紅白愛好家 says..."朱印帳に歴史あり"
亡くなった父が、朱印集めをしていました。父が始めた、1959年(昭和34年)ごろは、札所となっている寺院以外の神社仏閣で『朱印って、なんですか』と聴かれるくらい、一般的でなかったそうです。とくに、明治神宮は、『参拝』『明治神宮』『昭和三十五年八月二十五日』の文字と「明治神宮」の印だけ。ところが、平成22年私が神宮で戴いた朱印帳には、御祭神 明治天皇 昭憲皇太后や御祭典の日程、「鎮座九十年」と「菊と桐(紋)」の印と豪華!朱印に歴史ありですね。ただ、父のは手製だったため、天地逆にしてしまうところもあり、苦労してました。
やはり、大神宮や大本山の朱印帳だと、社寺の態度違います。
2013.01.16 12:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://douyounazonazo.blog91.fc2.com/tb.php/3254-b6caa9e9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。