お元気ですか?合田道人です

ベスト・セラー『童謡の謎』『神社の謎』シリーズの作家で歌手の合田道人の思ってること、日常の出来事、いろんな情報をお届けするブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村庄之助停年が決めてだった「紅白」曲

 村田英雄さんが「紅白」でご自身の作詞作曲「男の土俵」を歌ったのは、昭和51年のことでした。実はこの年、村田さんは大河ドラマの「風と雲と虹と」のテーマ曲に、後で歌詞をつけてレコーディングしました。去年の朝ドラ「おひさま」のテーマを後で平原綾香ちゃんが吹き込んだのと同じパターンです! そのためヒットはしませんでしたが、九分九厘「風と雲と虹と」で15回目の出場ということになっていました。
 
 ところでふたを開けると、歌うは昭和39年に発売のこの歌。実はこの年11月に、停年で第26代の木村庄之助が行司を引退したためだったのです。大相撲はNHKが放送、行司はNHK専属のようなものですからねえ。その26代が明治生まれ、最後の行司でもあったわけで、お疲れ様の意味を込めて「男の土俵」が選曲されたのでした。
 さらに引退したご本人も、村田がワンコーラス目を歌い終えると、26代がセリで打ち太鼓の中登場。「この一番、村田英雄の勝ち」と勝ち名乗りを上げて2コーラス目に入ったのでした。

 そういえばこの歌は、最初B面曲として発売されました。A面も大ヒットした「花と竜」で、これも村田さんご自身の詩曲。しかしこの歌は、描かれている人物がヤクザ者という理由からNHKでは放送できない歌だったのです。そう言えばその頃はサブちゃんの「兄弟仁義」「仁義」も鶴田さん(浩二)の「傷だらけの人生」もダメでしたからねえ。ちなみに3曲とも「紅白」でも歌われていません。鶴田さんにおいては「紅白」に一度も出ていないのですから。まあ、その頃は俳優さんが出演するのはごく稀で、「紅白」は歌手の集まりでしたから裕次郎さんも出ていないし、渡さんは「くちなしの花」の年、それこそNHK大河の「勝海舟」を演じている最中で病に倒れ、松方弘樹さんに交代。全治したので「お詫びで・・・」と出場したぐらいでした。小林旭さんが初出場するのも昭和52年になってからでした。
 
 30年代のうちに出演していたのは、男では森繁さん(久彌)、森繁さん辞退の41年になって加山雄三さん。女性では吉永小百合さん、倍賞千恵子さんだけで、高峰三枝子さんすら出演してません。第3回に月丘夢路さん、乙羽信子さん、久慈あさみさんの宝塚三人娘が歌手として出演したことはありますが・・・。これは歌のヒットというより、まだお正月特別番組の華やかさのためだったと思われますねえ。


20070319171849.gif
↑ここをポチッと一押ししてください!
 ありがとうございます

スポンサーサイト

-4 Comments

職務経歴書の転職 says..."No title"
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012.06.24 12:53 | URL | #- [edit]
謎の三文字☆村石太&財津一郎2世 says..."音楽同好会(名前検討中 "
村田英雄さん 懐かしいですね。
2012.06.13 21:32 | URL | #VWT15f1E [edit]
相沢 says..."No title"
高田浩吉さんも二回出てますよ。
2012.06.12 04:59 | URL | #B6lXtQHs [edit]
面子太郎 says..."歌は時間を停める"
ありがとうございます。

そうでしたか。様々を詳細に、また広く深くのご解説は、紅白の魅力を掘り起こすには十二分であります。

私としたら、村田さん亡き後は姿 憲子さんにその魂を継承して欲しいですね。
2012.05.27 23:02 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://douyounazonazo.blog91.fc2.com/tb.php/2866-be496612
-
管理人の承認後に表示されます
2012.05.28 00:55
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。