お元気ですか?合田道人です

ベスト・セラー『童謡の謎』『神社の謎』シリーズの作家で歌手の合田道人の思ってること、日常の出来事、いろんな情報をお届けするブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬猿キジの墓も!鬼無にある桃太郎神社の不思議

  國分寺をあとにして、高松市に向かってしばらく走ると鬼無という町が出てきました。鬼無・・・そうです。ここにあるのが熊野権現桃太郎神社です。なんとおじいさん、おばあさん、犬猿キジの墓もあるというから興味がそそる! いざ! DSC09797_20120430181901.jpg DSC09792_20120430181902.jpg DSC09793_20120430181901.jpg DSC09788_20120430181905.jpg 看板書きによると桃太郎は孝霊天皇の第八皇子、稚武彦命(わかたけひこのみこと)といわれます。開拓のためこの地に来られ、瀬戸内海の海賊を退治したと言われます。さてこの命(みこと)をもう少し、調査! ウィキペディアで「稚武彦命」をひくと、こうなる!

稚武彦命(わかたけひこのみこと)または若日子建吉備津日子命(わかひこたけきびつひこのみこと)は古墳時代の皇族。吉備津彦命(きびつひこのみこと)とも呼ばれることもあるが、その名称の場合、兄である大吉備津彦命を指すことが一般的である。


孝霊天皇の皇子で、母は絙某弟とされる。子に吉備武彦命、景行天皇皇后の播磨稲日大郎姫、景行皇妃の伊那毘若郎女がいる。また吉備氏の祖とされる。

兄の吉備津彦命(大吉備津彦命)が四道将軍に任命され、西道に赴いたとき、それに従い行動を共にする。その際、讃岐国(現在の香川県高松市鬼無)あるいは吉備国の鬼ノ城(現在の岡山県総社市)で百済の王子という温羅を討った伝説が両地区にある。その伝説はおとぎ話『桃太郎』のモデルになったとされるため、稚武彦は主人公の桃太郎のモデルと言われる。

 ほ~! 吉備津彦は兄のことだったのか…。弟の方が桃太郎になっているようだなあ! と云うことで、私が桃太郎になってしまおう!!
 DSC09790.jpg

>20070319171849.gif

↑現在、ブログランキンング第何位? 

  押して下さり感謝します。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://douyounazonazo.blog91.fc2.com/tb.php/2807-84213e5e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。