お元気ですか?合田道人です

ベスト・セラー『童謡の謎』『神社の謎』シリーズの作家で歌手の合田道人の思ってること、日常の出来事、いろんな情報をお届けするブログです!

ポトマックの桜

  今日はちょっとあったかめだね。河津桜はいつもより遅く今見頃。反対にワシントンのポトマック河畔の桜は4月8日から桜まつりなのに、もう満開なんだって!
 日米友好のために日本から桜の苗木が送られて今年で100年。僕が小さい時に父が買ってくれたLPの中に美空ひばりさんの「ポトマックの桜」という歌が入っていた。
 (後は畠山さんの「裸一貫」とか神戸一郎さんの「裏町かたぎ」、島倉さんの「未練の雨」、北原謙二「ひとりぽっちのガキ大将」、舟木一夫「青春の胸の血は」「学園広場」、こまどり姉妹「東京が呼んでいる」、村田英雄の歌も入ってたけどなんだったっけなあ?「姿三四郎」だったのかな?)
 僕はこの歌の中に入っていた「さくらさくら」(古謡)をまだ覚える前で、初めてこの歌のなかで知ったんですよ。だからあとになって、♪さくらさくらかすみか空か……と聞いたときか、学校で教わったとき「なんでひばりちゃんの歌なのに」って思ったことがあったっけ! 考えるとちょうどこの歌「ポトマックの桜」は、桜渡米50年の節目で作られていたんですね。
 東北にも早く本当の春が訪れてほしいという思いを込めて、今日からテンプレートも桜に変えてみました。本当に心和む色ですね。さくら色って!


20070319171849.gif

↑このブログ、今は人気投票第何位? 

 ポチッとこのマークを押してご確認下さい
>

スポンサーサイト

3 Comments

わしやま ひさし says..."きみちゃんの代わりにさくらが渡米"
赤い靴の岩崎きみちゃんの故郷静岡県清水より
岩崎きみちゃんとワシントンDCのポトマックの寄贈さくらは同じ三保松原を眺める清水生まれです。
明治35年きみちゃん7月15日生、日本初の興津の園芸試験場が6月20日開設されました。英国からプラタナス10本もこの年贈られましたこの子孫が日本のスズカケの並木のほとんどだといわれています。
きみちゃんが亡くなった明治44年9月15日ごろ興津の
園芸試験場ではさくらの苗木1万5千本が育成されていました。明治45年2月14日6040本を載せた阿波丸が横浜港を出発、3月27日ポトマックで大統領夫人と珍田大使夫人そして招請したエリザ シドモア女史が植樹しました。珍田大使は青森東奥義塾でメソジスト派の元牧師でした、きみちゃんとヒューイット宣教師の仲介した牧師もメソジスト派です。さくらはきみちゃんの代わりに
アメリカに渡ったかのように思います。
2012.04.04 23:07 | URL | #RAoYtN1s [edit]
おけさ says..."死んでもいいゼ(冗談)"
そうした歌もいつの間にか、半世紀も前の歌になったのですね。

私は三波春夫先生の昭和32年とかチャンチキおけさ が私の名前がら、大好きなんです。

3年前に歌ったのがユウチューブに公開が叶いました。

それも『けさ坊』と呼ばれ頃の画像付き。


『斉藤今朝雄 チャンチキおけさ』でしゅよ。

死ぬほど感動したよ!歌は下手でしゅ。(ToT)


2012.03.20 00:16 | URL | #- [edit]
つのだ says..."北原謙二"
ひとりぼっちのガキ大将…なんていう懐かしい響き。私この歌大好きでした。50年も前の歌ですか。懐かし久手涙が出てきます。合田さんのこのLP、コロムビアの歌うハイライトとかだったんでしょうね。それにしても胸がキュンキュンしてきます
2012.03.19 22:28 | URL | #6DhLHxds [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://douyounazonazo.blog91.fc2.com/tb.php/2713-4c0b7f53
該当の記事は見つかりませんでした。