お元気ですか?合田道人です

ベスト・セラー『童謡の謎』『神社の謎』シリーズの作家で歌手の合田道人の思ってること、日常の出来事、いろんな情報をお届けするブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は東京大空襲の日・・・新聞に出ていた人生の話を読んでほしいと思いました

 今日3月10日は、東京大空襲の日です。昭和20年・・・あれから67年経ちます。
 毎日新聞に明日の大震災にひっかけた大空襲で親を亡くした女性の記事が載っていました。感動であるし、現実であるし。こんな状態だったら自分はどうなるのだろうか? という思いも正直、芽生えてます。
 こんな記事でした。皆さんにも読んでほしい…話です。


震災遺児に思い重ね義援金募る 
 
 10万人が犠牲になった東京大空襲から10日で67年。両親と2人の妹を失った神奈川県寒川町の主婦、高橋(旧姓・篠原)喜美子さん(79)は、昨年の東日本大震災で親を亡くした子どもたちに戦争孤児だった自分を重ねる。昨夏は地元の女性団体の仲間と義援金を募り、被災地に送った。大空襲から時を経て1日違いの3月11日に起きた大震災。高橋さんは二つの惨事の犠牲者に祈りをささげる。【和田浩幸】

 米軍の焼夷(しょうい)弾が降り注いだ1945年3月10日未明、当時小学校6年で12歳だった高橋さんは、江東区の自宅近くの小学校の校庭にうずくまり、泣き叫んだ。熱風で火のついた木材が舞い、立つこともできない。「お父さん、お母さん、さようなら」。火の粉が防空ずきんに引火して死を覚悟した時、見知らぬ男性が近くのプールまで手を引いてくれ、命拾いした。翌朝、校庭は黒焦げの遺体で埋め尽くされていた。

 疎開中だった9歳の妹を含む7人家族だった。空襲から逃れようと小学校に向かう途中、6歳と3歳の妹を連れた母ツヤさん(当時44歳)を見失った。3人とはそれ以来会っていない。父虎之助さん(同49歳)と20歳だった兄(70年に死去)は消火活動のため自宅に残ったが、結局自宅は全焼し、2日後に父と兄の3人で江戸川区の親類宅に身を寄せた。虎之助さんは空襲のやけどと持病の悪化が重なり、1カ月半後に急死した。兄は仕事を見つけて親類宅を出た。「突然独りぼっちになった現実が受け止められず、戦争を恨む日々が続いた」という。

 駅や列車の中でいつも母の姿を探し、同じ年ごろの母子を見ると、涙があふれた。

 21歳の時、友人の紹介で知り合った充さん(81)と結婚し、2人の娘をもうけた。「自分のような寂しい思いはさせたくない」と、専業主婦になり、娘2人を短大に進学させた。

 昨年3月11日は自宅で揺れを感じた。津波にのみ込まれた東北地方の様子がテレビに映ると、戦時中の焼け野原と重なった。「たくさんの孤児が出る」と思ったら、いたたまれなくなった。

 「東日本大震災の救援をよろしくお願いします」。昨年7~8月、JR寒川駅前やスーパーマーケットの前で、4時間ずつ仲間と寄付を呼び掛けた。行き交う人からお金を受け取るたび「子どもたちのために役立って」と念じた。「空襲で親を失った直後は悲しみに暮れていたが、それから67年も生きてきた。生きていればいろんなことがある」。今後は自らの半生を語り、震災の遺児を励ましたいと思っている。


 20070319171849.gif
↑このブログ今日は第何位? 
  ポチッとこのマークを押してみて下さい
>

スポンサーサイト

-3 Comments

mituru says..."祈り"
はじめまして。いつも見させていただいています。はじめてのコメント投稿をします。あまりにこの記事がすばらしく、この記事をアップなさった合田先生のお力、行動、思いの共通点に感服します。そして亡くなった尊い命に祈りを捧げたいと思います。又このようなニュースソースをお知らせください。ありがとうございます。
2012.03.11 14:06 | URL | #6DhLHxds [edit]
面 子太郎 says..."こゝろ"
いよいよ未曾有の地震から一年となりました。

被災された方々には長すぎる一年でしたでしょう。

私でさえ、あの一日さえ無かったらと痛ましく思う。

子供時代、『こたろうくんは幸せですか?』と問われたが、ピンと来ず答えられない事があった。


不幸を経験すると幸せがわかる。

腹が減ると米のうまさがわかる。

辛い境遇を体験した方や現在そうした方は、人にもやさしく出来る。


演歌の真髄なんです。辛い人こそ本物の明るい声が出せる。見せかけでない悲しい声が出せる。


ただ単に綺麗な声、正しいリズム、正しい旋律を超えた人のハートに迫る。

それが演歌‥


こんな事を書くと知識ある方々は、わかりもしない奴がわかったふりして生意気な何者だと、思われるだろう。しかし構わないさね。


大災害から一年となりました。これからも二年三年目がやって来ます。


シベリヤ抑留で辛い体験をされながら、明るい歌で知られる大作曲家、吉田 正さん、吉永小百合さんに語られた言葉‥

『小百合ちゃん、生きるって大変な事なんだよ!』
~地震災害一年あたり~

2012.03.11 03:30 | URL | #- [edit]
斉藤今朝雄 says..."こういった記事に"
それ相応のコメントが書けないのが残念です。

ただただ読むだけでありました。

世の中様々に辛い過去ある方が、沢山いるのを今更ながら知りました。

戦争も災害も人を巻き添えにして欲しくないものです。
としか語る事しか出来ない。
2012.03.10 16:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://douyounazonazo.blog91.fc2.com/tb.php/2700-81d76d89
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。