お元気ですか?合田道人です

ベスト・セラー『童謡の謎』『神社の謎』シリーズの作家で歌手の合田道人の思ってること、日常の出来事、いろんな情報をお届けするブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一の男、小山進に「おめでとう!」。さすが、ただでは天才は生まれない。やはり努力はするんだ。そしてセンスがものをいう


 何だか仕事のようなプライベートのようなそんな一週間の旅でした。
 15日の名古屋のNHK童謡なぞなぞコンサートに始まり、翌日帰京。17日は「歌謡コンサート」で三條さん。翌日からふたたび名古屋。19日はテレビ愛知の公録だったわけです。
 そこで本当は帰ってくることになっていたのですが、今回僕の目的は世界一、5つ星の菓子職人として外国で高く評価されたエスコヤマの小山進さんに会いに行って、直接「おめでとう!」を言いに行ったのでした。世界一の男の友人であることに感謝する!

【史上初の偉業】

「パティシエ エス エスコヤマ」が、権威あるフランスのショコラ品評会「C.C.C.」で最高位「5タブレット」を獲得!

フランスの権威ある“チョコレート版ミシュラン”「C.C.C.」(Club des Croqueurs de Chocolat)の品評会にて、エスコヤマの「CCCデギュスタシオンNo.5」が、初出品ながらも、ミシュランでの3ツ星に相当する最高位の「5タブレット」を獲得。
外国人として、また初参加のショコラティエとしては史上初の快挙を達成。
C.C.C.が2011年度に選んだ世界のトップ・ショコラティエ150人の中でも、20人にしか与えられない、たいへん名誉ある賞を受賞しました。



【外国人ショコラティエとして初の栄誉のある賞を受賞】

「外国人最優秀ショコラティエ賞」も合わせて獲得!

C.C.Cとサロン・デュ・ショコラの合同審査によって選出される「2011 SALON DU CHOCOLAT AWARD」にて、小山進がフランス人以外の最も優秀なショコラティエに与えられる「外国人最優秀ショコラティエ賞」を受賞。
この賞は2011年から新たに設けられたもので、小山進はその記念すべき第1号受賞者となりました。

 

受賞から小山シェフ、急に忙しくなったのは当たり前。1月、ちょっと時間がさけそうなのは今日だけっていうのを小山さんを紹介してくれた僕の中学時代の同級生の久実子に聞いたのです。
 彼女はここ数年、エスコヤマの新入社員のマナーの研修をしている。どういうわけか菓子作りには無関係のような僕もここ数年、新入社員研修の中で講師を務めているのです。
 「童謡の謎」を通じて、見落とさないところにチャンスがある(僕の童謡の謎は娘がちいさいときに「ずいずいずっころばし」ってなあに? ときいたことから)、完成品には奥がある(しゃぼん玉には子供の命、里の秋には平和が描かれているように、その完成品だけを見ていないで中味を工夫したり調べたりしよう)といった話に小山さんのほうが感動賛同してくれて、昨年まで続けて行きました。
 彼女はこの日、講演会に小山シェフをよんでスケジュールがあったので、僕も名古屋からこっちをどうにかしてつなげようと考えました。たまたま大阪のラジオの仕事は「いつでもいいし、大阪の仕事があるときに」ということでBORO兄さんから紹介されたゲストだったので、名古屋の次の日に調整してもらいました。その夜は有馬温泉に行ったことがなかったので泊「こんなことでもない限り、ゆっくりできないね」と湯に浸り、翌日講演の時間が終わるころに会場だった姫路まで車を飛ばしていったのです。
 小山さんには行くこと内緒だったので、彼はもうびっくりしてしまってね。直接「おめでとう!」を言ったら、やっぱり世界一の男は最高に喜んでくれた。急に彼に「情熱大陸」の収録が入り、打ち合わせも時間がなかったため、この日になってしまい僕はお忍びでしたからほんの1時間ぐらいで彼とはサヨナラでしたが、会いに行けてよかったです。枯葉恐縮してたけど・・・いいんだ! これで 
 来月の「情熱大陸」が楽しみだ! もっともっと翔け! 小山進
 これが品評会で世界の審査員を唸らせたチョコレート。5種類を食べてもらって競う。彼曰く「食べてもらう順番、合田先生でいえばコンサートの曲順…これは考えましたよ」
 さすが、ただでは天才は生まれない。やはり努力はするんだ。そしてセンスがものをいう
DSC01199.jpg DSC01201_20120123005529.jpg

20070319171849.gif
↑このマークを押して下さい>

スポンサーサイト

-1 Comments

シェリー(sakai) says..."ショコラティエ&童謡博士?"
そう言えば、もうすぐバレンタインディーがやってきますね!
真剣な愛の告白は歌の世界と我が子世代に任せて、ウィットのある大人のご近所付き合いを大切にすると、バレンタインは少し疎遠になったり、そっぽをむいたりした間でも心からホットできるプレゼントの1日です。

少しのチョコをラッピングして、手渡せたら最高ですよね!

お誕生日を知らない間柄でも、一粒の友愛って素敵だと思います。
とびきり美味しい一粒・・・そんな日には「マイ・ファニー・バレンタイン」でも歌ってみましょうか?
2012.01.23 14:09 | URL | #KND8JRQw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://douyounazonazo.blog91.fc2.com/tb.php/2616-3f7d8b55
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。