FC2ブログ

お元気ですか?合田道人です

ベスト・セラー『童謡の謎』『神社の謎』シリーズの作家で歌手の合田道人の思ってること、日常の出来事、いろんな情報をお届けするブログです!

天童よしみ22年ぶりの「歌謡祭」であの歌! 由紀さおり、中条きよしら初出場は11組! 11月6日夜の「歌謡祭」

  11月6日(金)夜の部は17:00~、五反田ゆうぽ~とホールにて「第36回 日本歌手協会歌謡祭」が行われます。お待たせしました! メンバーの発表です。昼の部に続き、船村徹先生を中心に松原のぶえに、夜の部は鳥羽一郎が加わって船村メロディーを届けます。中村美律子をトップバッターに、あの歌この歌のヒットパレード。平山みきや桑江知子、「秋の歌謡祭」初出場となる中条きよし、牧村三枝子。ほかにも田辺靖雄&九重佑三子夫妻による「ヘイ・ポーラ」さくらと一郎の「昭和枯れすすき」といったデュエットヒット曲や、三沢あけみ「島のブルース」平和勝次の「宗右衛門町ブルース」などでのブルース演歌歌の旅、石本美由起を偲ぶコーナーでは、大ベテラン曽根史朗が「憧れのハワイ航路」を熱唱、そして天童よしみがあの歌を! 天童は第9回の「歌謡祭」以来、22年ぶりの出演です。作曲家・海沼実生誕100年祭として、音羽ゆりかご会の子供たちと一緒に眞理ヨシコが「みかんの花咲く丘」、僕・合田道人が「里の秋」。由紀さおりも初参加・・・。さて童謡で出場か? 久々「手紙」で出場か? 北川大介、妻吹俊哉、清水博正と若手も充実の会と言えそう。
 
青木光一、市川由紀乃、扇ひろ子、大塚文雄、神楽坂浮子、柏原芳恵、北川大介、桑江知子(初)九重佑三子、こまどり姉妹、斉藤たまみ、さくらと一郎、静太郎、島倉千代子、水前寺清子、曽根史朗、高山厳、田辺靖雄、妻吹俊哉、天童よしみ、鳥羽一郎、中条きよし(初)中村美律子(初)原田直之、平山みき(初)平和勝次(初)ペギー葉山、牧村三枝子(初)松原のぶえ(初)マヒナ・サナレイ、眞理ヨシコ(初)三沢あけみ、三善英史、森サカエ、由紀さおり(初)

(歌の祭典からの推薦出演)春日めぐみ、川守宏、こおり健太(初)三城ゆり子(初)清水博正、新田晃也(特別出演)船村徹、大至、音羽ゆりかご会



20070319171849.gif
↑このマークを押してみて下さい

スポンサーサイト



6 Comments

斉藤 says..."対比!モンテンルパの薬師丸ひろ子さん渡辺はま子さん"
お二人の♪モンテンルパの夜は更けて の歌を聴けた。
渡辺さんの歌は当時フィリピンでの、なんと死刑想定の兵隊さんの前で歌った音声や、晩年近くの歌唱(映像付き)も同時に聴けた。
力の限り歌われていた。

薬師丸さんはこのドラマのはま子さん役、澄んだ声で丁寧に繊細に懸命に歌われた。

共に素晴らしい!感動した。

先ほどの文の落字、また鶴田浩二さんを田を脱字致しました。謹んでお詫び致します。
2009.09.13 07:32 | URL | #- [edit]
露草 says..."歌のちから"
♪モンテンルパの夜は更けて
この実話を通じ、如何なる言葉にも、歌は相手に伝わるという事。

改めて感じた。

それは魂の叫びの歌であったからであろう。

ともするて歌は戦意高揚に利用された。しかし、生きる力、硬くな心を和(なご)ませる力を合わせ持つという。

日本歌手協会の更なるご活躍を期待致します。
2009.09.12 23:14 | URL | #- [edit]
若狭(わかさ)の女 says..."「歌謡祭」初出場の…"
牧村三枝子さんが歌謡祭で歌われる曲名は何かな?やはり♪みちづれ♪でしょうか…以前、NHKBSの「らいぶステージ」にゲストで出られた時は ちょっと元気がないように見えましたが、歌謡祭の出場メンバーの中に名前がありホッと安心しました。牧村さんの「若狭の宿」も とても素敵でいい歌ですね!
2009.09.12 16:25 | URL | #- [edit]
面 子太郎 says..."秋は演歌の染みる頃、面 子太郎のめんこと歌い手さん"
かつての昭和30年代の面子(めんこ)を収集していると、さまざまな歌い手さんのものがある。
また、面子に載ると大人から子供に至るまで、人気があると云う事で、子供達に対しては、NHK紅白歌合戦に出るよりインパクトがあったはずだ。何故なら紅白は一夜限り、めんこは放課後の毎日と休日は終日まで。それでは思い着くままそうした歌手を列挙致しましょう。
美空ひばりさん、本来めんこは~日本男児伝統のあそび~と云われ、男子向きなのですが、女性の登場は極めて珍しい。そのくらいひばりさんは大スターと云う事なんでしょうか。
続いて石原裕次郎さん、歌手でもあり映画スターでもありましたが。同様に鶴浩二さん、小林 旭さん。

三橋美智也さん、三波春夫さん、藤島桓夫さん、坂本 九さん、フランク永井さん、守屋 浩さん、橋 幸夫さん、舟木一夫さん、三田 明さんです。

現代は面子文化が衰退し、このように子供世界にアピールする機会がなくて、残念で寂しいです。
もし、今でも面子あそびが存在していたのなら、登場した歌い手さんは誰なんでしょうか!

また40年代の面子には野口五郎、西城秀樹、郷ひろみ、城みちる、フォーリーブス、フィンガー5(敬称略)の所有がありました。
2009.09.12 08:43 | URL | #- [edit]
斉藤今朝雄 says..."秋は演歌の似合う頃、斉藤今朝雄のかってに言いたい放題"
日本一うまい歌手は一人ではない。歌手の皆さま、みなかけがえのない魅力と個性があり、それが私には醍醐味です。
演歌って、ただ声がきれいならいいってもんじゃない。
むしろ悪声の方が、同情というか、いや違う、なんというか情念というか心ある声をより目立たせ、歌に惹(ひ)かれる。
例えば、宮史郎さん、森さん、杉本さん、金田さん、もんたさん(演歌でなくても同じかな) 等々。さらに一節さんはわざと声をつぶしたとかの話しも聞いた。
私はこと歌に関しては浮気人間である。今、日本一に思うのが三沢あけみさん、私が幼少時代から高音から低音まで、良い声です。またその魅力以上に声に心を乗せている。
彼女は長野出身ながら♪島のブルースでデビュー。ただし役者としては子供時代からラジオでは出ているとのこと。
そんな三沢さんの円熟した歌は♪たまゆらの宿、恋しくて ではないだろうか!
2009.09.11 05:12 | URL | #- [edit]
斉藤 says..."はい。了解!"
歌はいいですね。歌も好きでよかったよ。F先生は、かつて清水少年の歌を聴いて机を叩いたという。
2009.09.10 16:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://douyounazonazo.blog91.fc2.com/tb.php/1196-9b958f62
該当の記事は見つかりませんでした。