お元気ですか?合田道人です

ベスト・セラー『童謡の謎』『神社の謎』シリーズの作家で歌手の合田道人の思ってること、日常の出来事、いろんな情報をお届けするブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高で最低な(?)10月・・・

歌謡祭で始まって疲労困憊で幕を閉じる今月。ブログ名「お元気ですか? 合田道人です」とは名ばかりのブログになってしまい、申し訳ありませんでした。明日からはまた心機一転頑張ります。応援して下さい! 一日も早い回復を肝に銘じて・・・今度の土日からまたステージなので。strong>


20070319171849.gif

↑ここをクリックしてみて下さい

スポンサーサイト

「夜来香」の胡美芳さん

20071031211019.jpg  先月の「歌の手帖」でも取り上げた日本生まれの中国人歌手、今年がデビュー55周年の胡美芳さん。デビュー曲の「チャンウェイチャンウェイ(薔薇薔薇処処開)に始まり、「支那の夜」「夜来香」「蘇州夜曲」「何日君再来(ホーリー・チンツァイライ)」といったチャイナメロディーを本場の味付けで歌った中国歌謡の第一人者です。僕も「蘇州の春」「遥かかなたに」といったオリジナルを作らせて頂きました。その胡美芳さんは今年で82歳。昨年来、ちょっとお具合が悪く入退院を繰り返していましたが、今日やっと久々に元気な声を聞くことができました。この3月で歌手活動は事実上、引退したのですが、この元気なお声・・・これからまたあのあでやかなチャイナドレスとチャイナ扇で舞台を華やかにしてほしいものです。



20070319171849.gif

↑ここをクリックしてみて下さい

国会図書館

今日はハローウィンですね。10月も終り。すっかり秋めいてきました。さて、合田グループの中の園まりらのオフィスの社長、鐙(「あぶみ」と読みます)選手が今日誕生日です。おめでとう! RIMG0008.jpg

 今日は来月の新聞連載のネタと歌詞の確認で国会図書館に行ってきました。20071031180443.jpg    20071031180606.jpg



20070319171849.gif

↑ここをクリックしてみて下さい

快気してません

恐らくこんなにストレスと疲労が重なったことってなかったかも? まだ病院通いが続いています。目も痛くなって今日は眼帯してます。いやだいやだ! やっぱり合田選手は元気が一番なんですから。快気祝いでいろんな方からお花とか頂いたのですが・・・はっきり言って快気してません(笑) ちょっと大げさにおやすみしようかな?  

071030_210644_M.jpg  情けない合田道人の像。お花は快気祝いで頂いたものなのですが・・・



20070319171849.gif

↑ここをクリックしてみて下さい

親馬鹿

下の写真、原稿執筆中の写真ですね・・・あの写真を見て裏コメントが急に・・・。机のマットにある女性の写真は誰ですか? ん~。みなおし。ハハハハ。これ上の娘の3歳ぐらいの時の写真です。つまりあの「童謡の謎」のヒントをくれた彼女です。隠れて見えないけれど、その上には下の娘の赤ん坊時代の写真も・・・。親馬鹿ですなあ~~。はい。執筆はじめっ!


20070319171849.gif

↑ここをクリックしてみて下さい

レギュラー原稿執筆

 昨日から雨です。僕は雨があまり好きじゃないんですよね。久々に土日が事務所なので、まあいいですが・・・。大体月末近くなると、レギュラーの原稿の締め切りが入るので、会社で夜中まで缶詰めです。普通の日はどうしても会社では人が多いし電話も鳴るのであまり仕事がはかどらなかったりして。うちの父親も作家ですが、あの人は朝からばんまで、いわゆる書斎でこもりっきりで書いてるから・・・。僕ももうひと段落ついたら、ああいう生活になるのかな? 取材とかもちゃんと出かけているし、父親はいつまでも手本であり憧れであり最大のライバル(?)かな? この分だと今年中にもう一冊の本を出版!は無理だろうな。さあやることをやって・・・。今日、明日でたまってる今月締め切りの原稿4本を書きます。スタート!20071027132047.jpg



20070319171849.gif

↑ここをクリックしてみて下さい

山田真二さん死去。やさしくてダンディーな人でした

昨年までうちの事務所が形上、連絡先としていた俳優で歌手の山田真二さんが、15日午前4時36分、間質性肺炎のため東京都文京区の病院で死去しました。新聞発表はおとといでしたが・・・。うちの母親が当時、山田さんの大ファンだったということもあり、晩年は、何かテレビやステージにご出演して頂くときはうちの事務所を通させて頂いていたものです  yamadashingi.jpg  実は昨年でしたか、テレビ東京の「名曲ベストヒット歌謡」という番組出演が、最後になりましたが、そのときはちょうど入院したばかりの頃でした。出演後、しばらくして「もう歌えない」という旨を私は伝えられました。
 それにしても、うちのオリジナル企画「再現!紅白歌合戦」にも一時はレギュラーのような形で出て頂きました。おなじみ「哀愁の街に霧が降る」の大ヒットは昭和31年のことでした。これは数年前に山川豊さんが新曲としてリバイバル発売しましたが、そのレコーディングのときも山田さんは元気でした。この映画の相手役は青山京子さん、小林旭さんの奥様です。何しろバタ臭い二枚目俳優で、映画「夏目漱石の三四郎」やほかにも三人娘の映画「じゃんけん娘」かな? ではいづみさん(雪村いづみ)の恋人の大学生役として、またこれまたヒット曲になった「島の娘よ、さようなら」は島倉千代子さんの「東京の人、さようなら」の映画挿入歌でした。もちろん山田さんが島倉さんの相手役でした。
 「紅白」で昭和34年に歌った「娘が口笛吹くときは」は、自分でも憶えていない? と言っていましたっけ。とてもやさしくダンディーな楽しい人でした。後日、しのぶ会を開く予定だそうです。それにしても70歳という若さ、まだまだこれからだったのに・・・。ただただ、ご冥福を祈るばかりです。



20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

謎の1位

謎部門で久々ブログランキング1位です。これからもよろしくお願いします。いつも応援ありがとうございます。CM(コメント)もどんどんどうぞ!http://blogranking.fc2.com/rank/420700_1.html

20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

ご心配かけました。大場久美子来社!

今、打ち合わせから戻ってきました。洋食屋さん、おいしかったで~す! さて行く前に事務所に久美ちゃん(大場久美子)が寄りました。開口一番、「体大丈夫ですか?」。なんと久美ちゃんのブログ「エトセトラ」でも久美ちゃんファンにもご心配頂いたそうで・・・。そこで元気になったことを証明するためにも、ふたりでパチリ。無事退院をアピールしました。
20071026160336.jpg

 久美子ちゃんのブログはここです。→http://ohbakumiko.cocolog-nifty.com/blog/こちらは久美ちゃんの携帯での撮影です。
 そしてもう一枚・・・20071026160504.jpg うん?うしろにいるのは妻吹俊哉ではないですか。久美ちゃんもあの騒動から抜け出し、来週は「土スペ」のロケです。



20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

歌手協会奨励賞はちあきまみと長谷川真吾に決定!

大阪から帰って来た翌日、22日は日本歌手協会で今年の最優秀新人賞ともいうべき奨励賞ならびに歌唱賞の選定がありました。歌手協会にはこれからの次代を担う、または実力がありながらその真価を認めてもらおうという歌い手さんもたくさん入会しています。そのみなさんが集まるのが先回、わがオフィスの大場久美子が紅組の司会をつとめた春の祭典「輝け!歌の祭典」です。その中から今年は28人の方々が秋の歌謡祭に出演権利が与えられ、そのみなさんが今回声を競ったわけです。その中から、最優秀新人賞(奨励賞)と歌唱賞が選ばれるわけです。奨励賞は北川大介、松原健之、藤原浩、水田かおり、小桜舞子、妻吹俊哉らを輩出しています。
 さて奨励賞は今回ふたり選ばれました。ひとりは、ちあきまみちゃん(歌唱曲:鳥取砂丘)20071024180151.jpg 長谷川真吾君(ブルドッグ)20071024180052.jpg
 ふたりとも20代前半で、今頑張っている輝いているこれから協会をリードしてくれそうなふたりです。演歌とポップスの旗手の入選です。
 さらに歌唱賞は、昭和40年代にデビュー以来、歌手協会の一員として歌い続け、今は島根に在住の宇山保夫さんが「有楽町で逢いましょう」でみごとにゲット。20071024180229.jpg

 さらに民謡界の大御所、斉藤京子さんの愛弟子で「十日町小唄」「茶っきり節」の全国大会で優勝の経験もある斉藤たまみさん。20071024180322.jpg
 今回は構成上ではじめて歌った「貝殻節」で受賞。こちらは2年ぶりにふたり受賞という形が取られました。「4回公演だから今回は4人で・・・」という結果となりました。とりあえずみなさんおめでとう。若手ふたりが率直に喜びを現したのと反対に、歌唱賞受賞の苦労人ふたりは、報告の電話口で泣いていた気がしました。来年の「輝け!~」で受賞の表彰式が、来年の秋の「歌謡祭」の出演もこれで決定です。特に新人賞のふたりは、そろそろふたりとも新曲発売です。ぜひヒット曲になるように応援してあげてくださいね。(写真は歌謡祭本番のものです!)



20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

二葉百合子さんと西宮 面白い昔話

20071023211601.jpg 日曜日(21日)は、西宮の文化会館で出演しました。僕の「童謡の謎」コーナーが終わってから、僕の司会で二葉百合子さんの歌謡ショーです。ほんとにいつも可愛がってくれる最高の先輩のおひとかたです。20071023212316.jpg

 僕のコーナー、「童謡~」は「七つの子」「しゃぼん玉」・・・「しゃぼん~」にしても「千の風~」「汽車ポッポ」にしても命の大切さ、平和のすばらしさを歌ったものです。二葉先生の「九段の母」「岸壁の母」にも通じる祈りうたです。それにしても先生の変わらぬすばらしい声と舞台マナー。実は前日は泊まったのですが食事の際、昔の話しをたくさんきかせて頂いた。その話しを少し。先生もこの世界に入って73年。昔は到着した駅から会場へもちろん車での移動などなく、岡晴夫さんも田端義夫さんも歩いて入っていたとか、勝太郎姐さんは自転車の後部座席に乗ったとか、当の二葉さんも牛車やリヤカーの時代もあったなど、貴重なお話しに感動! ほかにもたくさん。またそれは次回に回すとして・・・。、また聞かせてくださいね。二葉さんのマネージャーでもある大村さん、「お父さん」とも今日は一緒に撮りました。「お父さん」は以前、昭和30年代中半には歌手としても活動されていましたよ。知っていましたか? コロムビアだったそうです。
20071023212507.jpg


20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

1970年代の歌手、注目!

ゆうべの雨もやんで、今日は快晴。これから僕は大阪まで新幹線で行きます。体の調子もほとんどいいし。さて昨日シーちゃんは鳥取だったそうで、「今日の私派手かしら?」と着物姿の写メールが届いたよ。photo.jpg  よっ!お姐さんって感じカイナ?
 さてシーちゃんの一年後輩のわが合田組、サッコ(伊藤咲子)ですが、ほんとに9月最初の「笑っていいとも」から始まって、先日は一青窈ちゃんと「ひまわり娘」を「僕らの音楽」で歌ったり、カラオケの点数を競う「カラオケバトル」に出たりとなかなかですが・・・今日は「土スペ」に同期の西川峰子ちゃんと出ることになっていましたが、放送日変更で11月10日オンエアーだそうです。
 1970年代の歌手、僕が中学生時代の歌手の頑張りがこのごろ、なかなかですぞ!
 これから大阪でご一緒する二葉百合子さんが「岸壁の母」で大ヒットしたのも、僕が中学3年のとき。二葉先生とサッコは「紅白」初出場同期組なのです。

20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

歌手協会反省会? いや意見交換会~若手実行委員とともに

ゆうべは歌手協会の「歌謡祭」の実行委員の奨励賞、歌唱賞の面々と実行委員長、シーちゃん(あべ静江)と10人が渋谷で会して、反省会というより・・・言いたい放題、「これでいいのか!」意見交換会。シーちゃんが実行委員長をやってくれたおかげで、グーンと奨励賞のみんなも責任を持って歩けるようになったと思います。20071017000630.jpg 北川大介も松原健之も妻吹俊哉などなどみんな集まっての意見会。なかなか面白くなってきましたよ。またまた歌手協会も・・・。みんなでパチリ!
20071017000548.jpg 20071017000607.jpg

ベテランの民謡、浜より子さんと! 彼女は歌唱賞受賞歌手です。しびれるよ~! 唄。
20071017000650.jpg

 来月、あの角選手(巨人の)と「巣鴨で逢いましょう」というデュエットソングを出す須賀ゆうこちゃん。期待されてますぞ! あの「片恋酒」の競作のヒットも持ってます。20071017001145.jpg  なぜか大介も一緒! ・・・と言うより、なぜか俺が浮いてる??



20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

狩人解散前に一緒に歌った「赤とんぼ」

 退院後、初のステージは、狩人の兄さん二人とのステージでした。デビュー前にレッスン曲としてもお世話になった狩人。僕がデビューしたときには、ちょうどあの「アメリカ橋」がヒットしていました。
 そのふたりが今年限りで解散するというのです。ある意味では最後の兄弟デュオを僕の番組で・・・。(USEN 合田道人のふれあい歌謡広場)ということで、一緒しました。20071016232238.jpg 20071016232259.jpg RIMG0068-.jpg

 この番組はどんなゲストも一緒に僕と童謡を歌うというコーナーが設けられています。ふたりの兄さん(久仁彦、高道)の最高のハーモニーに挟まれながら「赤とんぼ」と「ふるさと」を歌いました。最高でした。RIMG0078-.jpg RIMG0080.jpg


 長男、次男、三男とか言われてうれしかったけど、もうこのステキなハーモニーが聞けなくなると思うと、ちょっと淋しかったです。「あずさ2号」も「コスモス街道」も永遠です。来年からはお互いにソロ歌手としての道を歩むわけですが、いつかはまたそのステキなハーモニーを聞かせてほしいなと思いました。
 久仁彦兄さんは、逢ってすぐに「ブログに書き込みありがとう」って言ってくれました。高道兄さんは僕がその日、着ていた私服を見て、「わーピンク、可愛い!」と・・・。大好きな、いい先輩たちです。これからも元気で。RIMG0091-.jpg

11月には、とうとう本当にラストになるコンサートが、ゆ~ぽ~とで開催されるそうです。




20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

さあ退院

さあ夕食も食べ終わりました。点滴の針も抜かれました。さあ退院です!

20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

負けないで! ここに歌があるから・・・あべ静江が泣いた・・・感動のフィナーレ

ほんとうに今回の歌謡祭は、入院を余儀なくされるほどに自分も無茶苦茶になるほど最高のステージです! 後半はロカビリーの皆さん方による「青春プレイバック」。山下敬二郎さん、ミッキー・カーチスさん、ジェリー藤尾さん、そして田辺靖雄さんの4人による、没後30年のプレスリーナンバーを含めたヒットパレードです。そしてそのあとには田辺さんの奥様、九重佑三子さんが当時の衣装(?)をイメージして「コメットさん」、そして我らが久美子(大場久美子)のコメットさんスタイル再現! です。さらに中西圭三君の「君のいる星」、中村あゆみちゃんの「翼の折れたエンジェル」と歌謡祭初のJ-POPが流れます。すご~い! あゆみちゃんは空気をぱっと自分のものにしちゃうんだからすごいよねえ。そして阿久メドレーでは森山加代子さんが久々に「白い蝶のサンバ」、サッコ(伊藤咲子)はまたまた新アレンジでの「ひまわり娘」(昼の部の「乙女のワルツ」も新バージョンアレンジでした)。さらにラストは柏原芳恵ちゃんからスタート。今回のチャリィティーショーは中越地震、能登半島地震の被災者のために・・・なんだけれど、芳恵ちゃんはその日、新潟にいたとか? そんな苦しい日も必ず「夜が明けて」(坂本スミ子)、みなさんの元に愛がふりそそぎますようにろ「愛燦燦」(キム・ヨンジャ)、こんな悲しみに今日でフィナーレを。「愛のフィナーレ」(菅原洋一)、そして全員で歌う「いつでも夢を」。まさに「負けないで! ここに歌があるから」を構成し表現したつもりです。ほんとうに出演して下さったみなさんありがとうございました。そして会場を埋めて下さったみなさん、ありがとうございます。
 シーちゃん(あべ静江)、お疲れ様。最後にシーちゃんがぷつんと糸が切れたように泣き出してしまいました。感動のフィナーレです。ほんとによかった・・・と思ったとたん、僕も右のお腹が痛み出しました。最高の「歌謡祭」をありがとうございました。




20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

千秋楽、いやがおうでも盛り上がるステージ

さあ「歌謡祭」も大詰め。4日夜前半戦レポート! 中西圭三の「負けないで」、全員による「上を向いて歩こう」からスタートした今回。千秋楽という事もあり、僕もシーちゃん(あべ静江)も力が入る。でも会場の盛り上がりも大変なものである。早速歌合戦のスタートだ! まずトップは、青木光一名誉会長の「柿の木坂の家」から昭和30年代ヒットパレード! 病克服のロコさん(竹越ひろ子)の「カスバの女」、久々にお三味線を持って頂いて、こまどり姉妹の二人というベテランの歌声から。よかったのは沖縄歌謡の東風(こち)の「花」。先日ラジオで、サンシンで童謡を・・・という企画ではじめて逢ったんだけれど、なかなか面白いできで今回出場してくれることになったが、小野由紀子さんが歌う歌がまた「屋久島」だったので、そこにもサンシンを使ってみた。小野さんの歌が生きて、蛇皮の音が乾いて南国っぽさをかもしている。実は後半で出て頂くことになっていた藤田まことさん。大阪からわざわざ駆けつけて下さったが、翌日ロケ開始が6時だということで、もし新幹線に乗れなくなっては大変! と、急遽前半での出演。でも沸かせてくれましたよ~。生誕100年を記念して淡谷のり子さんが日本にはじめて届けてくれた「人の気も知らないで」を石井好子先生に歌って頂いたが、これがまたとてもよかった。85歳とは思えないプロポーション、これは見に来てくれたMOMOさんからすでにコメントがあったぐらいの反応でした。そしてそのあと、前半トリをつとめたのが島倉のおかあさん(島倉千代子)。作曲家・竹岡信幸さんも生誕100年、竹岡メロディーの一作「東京の人、さようなら」を歌って頂いたが、おかあさん、「この歌歌うの10年以上ぶり・・・」と言っていました。ありがとうございました!



20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

生きてるのはふたり?(爆)

 4日昼後半は、名誉会長青木光一さんからスタート。当時人気を二分した“こういち”さん、三浦洸一さんも登場して当時の話しをして三浦さんの歌。司会席で青木さんに「あと男性歌手で当時ご一緒の歌い手さんって言ったら?」と質問。青木さん「春日八郎、三橋美智也、若原一郎、村田英雄、藤島桓夫、三波春夫・・・」。「まあ全部死にましたね」。客席大爆笑。青木さん「生き残りは俺と三浦洸一だけ・・・」さらに大爆笑。そこで三橋さんの歌は一緒にデュエットした斉藤京子さんが「お花ちゃん」、村田さんは、実は最初は自分のために作られた歌だったと説明したあとに畠山さんが「夫婦春秋」を歌う。そのあとがまた見どころ。おねま(雪村いづみ)の「ブルーカナリー」、スリー・グレイセスの「アイフィール・プリティー」と懐かしい外国ソング。芦野さんとペギー会長のふたりのデビュー曲「DOMINO」の共演もステキだった。さらに今年春上映された歌謡オムニバス映画『歌謡曲だよ人生は』のコーナー。これはひとつの曲をモチーフに10分ほどの短編映画が集まったオムニバスもので、今回は映画の一シーンも加えてのヒットパレード。サッコ(伊藤咲子)もまりさん(園まり)も曲が選ばれてうれしかったです。病気を押して遠くから来てくださった守屋浩さんの「僕は泣いちっち」、映画で主演もした宮史郎さんの「女のみち」もよかったですよ。でもこの会が例年の「歌謡祭」に一番近い構成だったと思う。安心感の会かな?

20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

衣装に注目、目の前でミニスカートにへんし~ん

さあ再び「歌謡祭」報告! 今度は10月4日、2日目の昼の前半のもようをお届けします。司会は僕とシーちゃん。今日もやっぱり朝のリハーサル・スケジュールが立てこんでしまって、開演ぎりぎりでのメーク終了。テレビの問題でどこの部分が映されてもいいように、衣装は2日連続同じものを着る決まりです。さて圭三君の「負けないで」からスタートし、まずは「衣装にも注目!」と黛ジュンちゃんがトップ。オープニング勢ぞろいではロング・ドレスだったけど、前奏でぱっとみんなの前でマントのように衣装をとると、おなじみのミニ・スカートに変身!ミリタリールックの中村晃子「虹色の湖」、学生服の藤正樹、芸者姿の北岡ひろしと続く。大川栄策さんにはプログラム外だが、今年が作詞家・門田ゆたかの生誕100年という事で門田作品の「東京ラプソディー」を特別に唄ってもらう。会場からすごい拍手だったのが、やはり100年の服部良一作品「蘇州夜曲」を歌った坂本紀男。この人、この「蘇州~」を歌った霧島昇さんの息子さんである。そしてカラオケヒットコーナーでは、今回是非! ということで実は僕とデビューが同期の村木賢吉さんに「おやじの海」を歌ってもらった。♪よいしょよいしょ……の掛け声を藤原浩、北川大介、妻吹俊哉、福田忍の奨励賞受賞歌手がつとめるという形に客席はやんやんの大拍手でした!!



20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

サッコからメール

さっきサッコさん(伊藤咲子)からこんなメール。「ブログで入院を知りビックリ! 悲しいかな私達、もう無理がきかない年齢です。くれぐれもお大事に!!」。ありがとう。すぐに電話して、「大丈夫だよ」と言ってはみたが、私達無理がきかない年齢なのか? と、納得しながら淋しくもあり・・・。でもサッコありがとうねっ。あなたも頑張って~前進してください。そのあとチータ、それにシーちゃん(水前寺清子、あべ静江)とお世話になってる先輩たちからも「大丈夫なの?」って電話もらいました。すみません。みなさん。ご心配をかけて!! でもサッコも含めてみんな僕の小学生から中学生にかけてテレビで見ていた憧れのスターばっかりだ。僕はほんとに幸せ者なのだ。


20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

芸者姿に冬美ちゃん

 歌謡祭3日夜の部後半は息もつかせぬ・・・といった感じ。和服姿のペギーさんに続いては、「有楽町で逢いましょう」から50年、今あの頃の二人の合言葉は「巣鴨で逢いましょう」なんだそうだ! それを歌っているのが巨人の角選手! 前日が巨人優勝ということもあり客席大盛り上がり。そしてなんと言っても客席大盛り上がりは次の「日本の美、芸者姿であでやかに」。五月姐さん(みどり)の「温泉芸者」、高田美和の「お吉物語」、そして雪会さん(朝丘雪路)の「奴さん」から引き抜き衣装替えでの「どんどん節」。いやはやすごい! ためいきとかなんとかじゃないんだ。もう圧巻。お客さんもすごい!と思った思うよ。これを考えついた僕も偉い(??)けれど、それより何よりやって下さったお姐さんたち、ありがとうございました。きれいだった~このあとを飾るメンバーはもうこのひとしかいない。坂本冬美ちゃんの登場だ。冬美ちゃんのあとはお師匠さん二葉百合子さん。そして冬美ちゃんと二人でラストの司会をしてチータへとつないでフィナーレ! まさに圧巻。この回の「歌謡祭」はとくに想像を超えたすごさでした。この模様はテレビ東京ではダイジェストになりますが、スカイパーフェクトTV第一興商チャンネルは全部流れます。絶対お見逃しなく。



20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

ペギー葉山、和服姿で「南国土佐」

寄り道しました。歌手協会「歌謡祭」報告に戻りましょう。3日夜後半からです。3日夜は可愛らしいダンス付のショーステージからスタートです。今回の歌謡祭では、はじめてこういった踊りを入れるという見せる場面をいくつか作りましたが、ここは圧巻。まず東京カンカン娘の「ミネソタの卵売り」にのせて可愛い子供たちが、黄色いひよこになってのダンスパフォーマンス。こりゃ受けた! 次いであいざき進也さんが娘さんたちと踊ったり、今回の奨励賞の有力候補の一人、長谷川真吾の「ブルドッグ」では、ヒップホップダンスが加わります。さらに妻吹俊哉が子供たち6人を引き連れて、まさに「若いってすばらしい」。これは我ながらいいコーナーだった。そして民謡は、オペラで「じょんから節」を阿部さとこと三味線の山口ひろしのコラボがかっこいい。さらに鈴木正夫さんの「新相馬節」のあと、鈴木さんのお姉さんは「愛ちゃんはお嫁に」の鈴木三重子さんであり、その三重子さんが最初の歌ったレコードが流れる。♪南国土佐を後にして~。ペギーさんはオリジナルシンガーではなかった。しかしペギーさんが歌って大ヒットした「南国~」をなんと珍しい和服姿で、それも原田直之さんの三味線による「よさこい節」に続けて歌うという豪華版を作った。すごい! そしてフィナーレに向けて怒涛の如く、まだまだ続く・・・。





20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

本日退院!

おはようございます。お騒がせしました。ある隠れコメントでは「これだけブログが更新できれば、退院もスグですね」と書かれていたのですが・・・どっこい、大当たり。本日分の点滴が終わったら、退院します。みなさんお騒がせしました。う~ん、まだちょっと右のお腹は押せば痛いけれど、大丈夫そうです。血液検査による経過も正常にもどり、今日も朝からちゃんとご飯食べて。ゆうべは「どうせ入院しているから」とあの無呼吸症候群(?)の検査もしたのです。機械を設置して寝ました。今日の夜には 事務所か家にいる予定です。071012_102245_M.jpg
 みなさん、おみまいのコメントなどありがとうございました。


20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

病室の合田道人

さっきうちの会社のマネージャーの(園まりちゃんとかの)雅さんが来たから、おきがえしたので(?)やっとベッドの合田道人をぱちり。P506iC0030539817.jpg

「全然元気そうじゃない? もっとアンニュイにどうぞ。たそがれてみて、切なそうなほうがいい」P506iC0030408728.jpg P506iC0030474277.jpgとか注文が多い。でもほんとに元気になって来た。よかった!!




20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

病院食 禁食開放!

禁食から開放されて、昼からごはんが出ました。P506iC0030212117.jpg

 病院食っておいしくない! というのが定説ですが、おいしく頂きました。お腹がすいていたからか、味がよかったのかは判別不可。でも何だかおいしそうでしょう? 
 P506iC0030277655.jpg かにとブロッコリーの中華風に、P506iC0030343192.jpg これはアイスクリームじゃありません。さつまいもなのです。結構おいしかったよ。それからちょっと眠くなって、起きてからお部屋のお風呂に入って(ホテルみたいなバストイレがついてます)、そろそろ夕ごはんかな?




20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

シーちゃんと一緒

 そして何と言っても今回の「歌謡祭」の功労者、いやいや歌手協会改革の功労者あべ静江さん。今さっきも病室までお電話頂いて「何だかずっと毎日、必ずしゃべってたから、一日一回声聞かないと変・・・」だって・・・。まるで恋人同士(?)(爆)!!!!!20071011163517.jpg

ほんとは僕じゃなくってシーちゃんが倒れるぐらいに超多忙だった今回の「歌謡祭」。お疲れさん会は、僕が治ったら早速。いつもきれいなシーちゃんとぱちり。シーちゃんはうのちゃんの結婚式も行ったから、毎日大変だよねえ。体に気をつけてね。どういうわけか妻吹俊哉は、川崎麻世ちゃんと2ショット。20071011180615.jpg(撮影者・合田道人)
 麻世ちゃん久しぶり。「かくし芸大会」かなんかで一緒になったっきりだから、28年ぶりとか? 僕より確か学年一年下だったと思うけど、当時からすごくしっかりした少年だった。





20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい


チータの誕生会3 圭三くんと一緒

 今回の歌謡祭4回公演で、歌手として4回出演したのは中西圭三君ただひとり。僕の構成上でスタート曲が「負けないで」(ZARD)だったから、そのアカペラを圭三君に頼み、そしてもう一曲、全部異なる歌をバンド演奏にのせて歌ってもらいました。その一曲「ぼよよん行進曲」はチータの「365歩のマーチ」をイメージして作ったことを話したらチータも大喜び。時間あったら合田君、誕生パーティーに一緒に連れてきて! と、メール。早速、圭三君に電話したら「時間作ります」と・・・。いうことで一緒にぱちり。20071011133012.jpg意外と来年のチータの45周年のアルバムあたりに、圭三の名前が出てくるかもよ? お~、三善英史さん入ってきて、変な(?)3ショット。20071011132949.jpg


20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

チータの誕生会2 靖雄さんと一緒

チータとともに、歌手協会の副会長をつとめてくれている田辺靖雄さん。靖雄さんとチータはおないどしなんだけれど、僕にとっての靖雄さんはちょっと(と、言っても16歳)年上の頼れる兄貴って感じ! 渡辺プロのデビューのときから可愛がってくれました。今回の歌謡祭でも、見えない所、僕が舞台にずっと立っていたので、楽屋回りなど気がつかない所を、ほんとこまめに動いてチェックしてくださいました。やっぱりちゃんとしていると、人の声って周りから自然に伝わってくるもんなんですね。『田辺さんにちゃんとして頂いた』という声、今回電話でたくさん入りましたから・・・。20071011131300.jpg




20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

チータの誕生会 ~1~

 入院前日の話しです。9日のチータの誕生会!ことしは明治記念館で開かれました。62歳?! 若すぎだ! 20071011120535.jpgでもチータ、どんどんきれいなんってない? 先週は歌手協会でのご一緒の司会。やっぱりチータとやらせて頂くとほんとに、やっぱ安心感です。僕の書いてある台本の奥までちゃんと読んでくれているというか・・・。すごいです。ほんとにこれからも輝き続けてくださいませ。
 さてパーティーの近くにいた人たちと、歌謡祭では全く写真取れなかったので、「さあこの機会」とばかりに写真とりました。まずはペギー会長と「歌謡祭の構成、あなた最高だったわよ。後援会の人たちからも褒めてもらっちゃったわ。」とはうれしいひとこと。ありがとうございました。ではごいっしょに。20071011123532.jpg



20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

大腸けい室炎

おはようございます。病室の朝です。それにしても眠剤点滴のおかげかな? 12時位から寝て(夜中地震あった?)9時くらいまでぐっすりでした。大腸けい室炎とかいうやつで、盲腸炎と見間違える病気だそうです。P506iC0030081047.jpg

 昨日、二葉百合子先生ところと病室で電話で話したのだけれど、それは「ストレスと披露、何しろ忙しすぎが原因の病気」だって言ってました。二葉先生も何度も入院したんだって。「あんたまだ若いのに」って。まだ死んでません!来週は先生と尼崎に仕事で行きます!
 さて僕は腹膜炎一歩手前と言われていたけれど、経過は順調です。今日もずっと点滴P506iC0030146583.jpgですが、禁食は早くもパス!昼からお粥か何かが出てくる様子です。それはまたあとで・・・報告。

20070319171849.gif

↑ここをクリックして下さい

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。